なぜ、インバウンド、外国人観光客集客に取り組むのですか?

外国人観光客はどんどん日本に来ている

おはようございます。 EnticeFTのノムラです。

今日は、そもそも、
「なぜ、外国人観光客の集客が必要なのか?」
「なぜ、インバウンドに取り組むのか?」
この大事な質問について考えていきます。

皆さんは、この質問にキチンと答えられますか???

 

今、外国人観光客がたくさん日本に来ている!これをチャンスと捉えなくてどうする!!!
2020年のオリンピックに向けて、さらに外国人観光客が日本に来るんだから、受け入れに取り組まない手はない!

全くその通りです。
私もそのような考えのもとインバウンドに取り組んでいる事業者様、自治体様のサポートをしています。

ただ・・・・
多くの方が犯してしまう間違いがあります。

それは、
やみくもにあれもこれもやり始める
ということです。

施策を講じて実施していくことはとても重要です。
行動しなければ結果は出ません。

ただ、「アレが良いらしい」「この媒体が良いらしい」・・・とあれこれ手を出してしまう・・・。
「これからは、イスラム教徒の旅行者が増えるからハラル認証を取らないと!」
「英語のウェブサイトが必要らしいから、英語の出来る人にサイトの翻訳をしてもらおう!」
「サイトを宣伝しないといけないから広告を出稿しよう!」

このような感じで「ただ、やる」では成果は全く出ません。
確かに、これらは外国人観光客を集客する方法のうちのいくつかではあります。
ただ、自社が何のためにこれらの施策を実行するのかをキチンと認識していなければ、ザルに水をそそぐのと変わりません。
かけたお金が流れていくだけです。
これでは、身もふたもありません。

では、どうすればいいのか?

まず、インバウンドの取り組みは短期的ではないことを理解してください。

「今日、コレをしたからこれだけの売り上げが上がった」神話は、普通では起こりえません。

必要な事は、「自社のリソースを知る」事です。

何が出来て、何ができないのか。

重要です。
御社の強み、リソースは何ですか???

キチンと整理する事、そしてどんなインバウンドの取り組みをしていくのか・・・。
そこをおさえることが重要ですね。

では。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

==================